補正下着のお手入れ方法

ブルームの補正下着と長くお付き合い頂くために…

  • お洗濯について

    正しい洗たく方法が、より長く愛用するための秘訣です。
    ボディファッションの洗たくで一番大切なことは、『からだから出た汗や皮脂などを早く落として、汚れをそのままにしない』ということです。
    汚れたままにしておくと素材の通気性や吸収性、保温性、柔軟性などが失われて、素材の痛みをはやめてしまいます。
    また、汚れは長くおくほど落ちにくくなります。こまめに洗うことを心がけましょう。
    洗たくの際はボディファッション特有の繊細な素材と形を崩さないよう、基本的には手洗いをおすすめしています。
    洗たく機を使用する場合にもやさしく丁寧な取扱いを心がけることが大切です。

  • 洗う前に

    洗たく機使用の場合
    目の細かいランジェリー用の洗たくネットに、必ず入れて、洗たく機にかけます。 ボーンなどが入っているブラジャーはつきぬけたり変型したりする原因になりますので、できるだけ手洗いが望ましいです。
    色の濃いものと薄いものを分ける
    一緒に洗うと色移りすることがあります。 手洗いの場合は、白、淡い色、濃い色の順で洗います。
    金具のあるものは、必ず閉める
    ブラジャーはフックをかけ、ファスナーは閉めておくことで、形崩れを防いでいただくことができます。
    洗剤はよく溶かす
    洗剤を直接ふりかけたり、量が多過ぎると、色落ちや生地を傷めることになります。洗剤を充分に溶かしてから洗たく物を入れることが大切です。

  • 洗う手順

    手洗いの場合
    ゆったりとした容器を使って、軽くふり洗い、汚れの気になる部分のみ軽く押し洗いします。ガードルやショーツ類のみ、軽くつかみ洗いでも構いませんが、強くつかむと素材がはやく傷んでしまいます。
    もみ洗いやねじり絞りは、型くずれや素材を傷める原因となるので、避けましょう。
    洗たく機の場合
    必ずネットに入れて、弱水流で洗たくから脱水まで5〜6分で済ませるようにします。
    全自動の場合は、時間の設定が難しいので、ソフト洗いやランジェリーコースなどを使い、 長く洗い過ぎないように注意します。
    柔軟剤について
    仕上がりの風合い、肌触りをよくする意味でも柔軟剤は必要ですが、
    シルクなどの天然素材に酵素(バイオ)配合や弱アルカリ性の洗剤を使うと、 タンパク質繊維を傷めることになります。
    漂白剤について
    塩素系の漂白剤は、変色や黄変、ポリウレタンの脆化を促進させるので注意が必要です。出来るだけ避けてください。
  • 手洗い・洗濯機比較表

    補整下着の洗濯方法
  • 干し方

    短時間で脱水をしたら、すぐに陰干しします。濡れたまま放っておくと、色のにじみ、色移り、シワの原因になります

    • ・ブラジャーはカップの形を必ず整えます。
    • ・風通しのよい日陰に干します。直射日光による紫外線は、黄ばみや色あせ、素材を傷めるので避けてください。また、冬に石油ストーブのある室内に干すことも同様です
    • ・乾燥機の使用は避けましょう。素材によっては縮んだり、溶けたりなど生地を傷める原因になります。
  • 収納方法

    せっかく自分のからだに合わせて選んだボディファッションです。
    その機能と肌触りを大切にするため、収納する時も丁寧にします。

    • ・湿気が少しでも残っていると、シワや変色、カビの原因になるので、よく乾かしてからしまいます。
    • ・できれば、ボディファッション専用の引き出しに取り出しやすいようにしまうのが理想です。詰めすぎるとカップが変形したり、シワの原因になるので、イラストのようにたたんで、ゆったりとしまいます。
    • ・アイロンをかける前には、かけてもいいものかどうかを確認します。大丈夫であれば、温度を絵表示でチェックします
  • たたみ方

    ブラジャーはカップがつぶれたり、変型しないようにたたみます。ボディスーツ、ガードルは小さくまとめます

FAQ よくある質問