ブラパッドの良し悪しとは?バストの左右差がある場合の補正ブラ選びについてご紹介 2022年11月24日


ブラジャーのパッドを使用する時、どのような効果をイメージして使いますか?
谷間を作ったり、胸を盛ったり・・・といったバストのボリュームアップを求めて使う方は多いと思います。

では、補正ブラジャーにパッドは必要でしょうか?

胸の谷間を作ったり、盛ったりという目的での使用はNG。
胸を圧迫してしまい、血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。
お胸が脇肉や背中の肉に流れてしまうことも。。
そうなると、美しいバストラインをつくるどころか、胸の形を崩してしまいます。

ブラジャーのパッドは必要? ブラジャーパッド バストの形が崩れる 

これだけ聞くと、補正ブラジャーにはパッドを入れてはいけないと思ってしまうかもしれませんが、
効果的な役割をしっかり持っています。

〆険差の調整

まず、左右差がある場合は、大きい方の胸に合わせてサイズを選びましょう。
小さい方の胸に合わせてしまうと、大きい方のお胸を潰してしまうことになります。
そうなると、お肉が脇や背中へ流れて気になるぜい肉となってしまいます。
小さいサイズのまま着け続けていると、胸の形が崩れる原因に。。

そこで、左右差の調整用としてパッドを使用していただきます。
大きい方の胸に合わせたブラジャーを着けて、小さい方の胸にパッドを入れて調整、
バストを美しく整えていきます。

ブラジャーパッドで大きさ調整 左右のバランスを整える 

ちなみに、補正ブラジャーに関わらず、補正下着は大きいサイズの箇所に合わせてお選びください。

▲侫ット感の調整

パッドには胸をカップにフィットさせるためのサポート効果もあります。
例えばこんなお悩みはありませんか?

●胸が下垂してきて、カップの上辺が浮いてしまう・・・
●肉質が柔らかくなってきた、胸にハリが無くなってきた・・・

先程は小さいサイズを着けることのデメリットをお伝えしましたが、
隙間がある状態で着けることもNGです。
バストが動き、お肉が流れてしまったり更なる下垂を引き起こしてしまいます。

そこで、パッドを入れてカップのフィット感を調整します。
カップの浮きが気になるようであれば、隙間を埋めるようにパッドを入れてみたり、
下辺にパッドを入れてリフトアップ効果による上向きバストを作り上げたり。
パッドを使用することで、バストが整い、フィットした状態がキープできるのです。

最初もお伝えしましたが、谷間を作ったり、盛ったりすることが目的ではないので、
パッドを入れてカップに胸が綺麗に収まる状態が理想です。

ブルームリュクスでは補正の邪魔にならない柔らかいパッドをお付けすることができます。
(アイテムによってパッドポケットが無いものもございます。)
バストの補正を邪魔しないパッド 柔らかく左右の調整用としての使用におすすめ

補正下着の目的は、お肉を正しい位置に戻し、ボディラインを美しく整えることです。
パッドを上手く活用してバストメイク!
美しいバストラインを手に入れてください。

↓↓ご予約はこちらから↓↓
https://www.bloom-style.jp/salon/

ご来店が難しい方は、お電話・メールでもサイズ等のご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。


info@bloom-style.jp
0800-600-4950
営業時間:10:00-18:00
定休日:祝日


---ブルームリュクススタイル 編集部---